JA掛川市

生産者はこんな人たち

最新記事はこちら  バックナンバー

矢部光良

(キャベツ生産者)

私はキャベツ生産者の矢部光良です。

現在、加工用キャベツは生産者20名で2haの面積で栽培しています。
平成21年に4名35aで栽培を始めて、8年目になりました。
私がキャベツの栽培を始めたきっかけは、定年後にお茶以外の作物を栽培し、複合経営を行っていきたいと考えていた時に、農協が学校給食用のキャベツの栽培を進めていたことです。露地栽培のため、台風や大雨の被害を受けてしまうこともありますが、キャベツは夏から冬の間の栽培のため、お茶の栽培と競合しないこと、周年で仕事ができて、労働配分がよく、作業もあまり重作業がなく、投資も少なく始められることが魅力です。

今後は、もっと農協とキャベツ生産者を増やし産地化していくとともに、栽培方法を確立させて、業務用の大玉が生産できるようにしていきたいです。

キャベツ栽培を始めて、8年目になりました。
キャベツ栽培
キャベツ栽培 収穫
業務用の大玉キャベツが生産できるようにしていきたいです。

Copyright(C)2008 JA Kakegawashi. All Rights Reseved. 当サイト内にある画像・文章の無断転載は禁止しております。
JA掛川市スマートフォン対応サイト